疲れやすい・・・それって自律神経の乱れが原因かも!?

 

「何だか最近疲れやすい・・・。」
「疲れがとれない。」

 

女性で、30代40代ともなると、こんな悩みが出てきます。

 

「どれだけ休んでも、いつも疲れている。」

 

「疲れやすい」ことで悩んでいる人は、結構大勢います。

 

原因は、さまざま考えられますが、一つには自律神経の乱れがあります。

 

自律神経が乱れていると、疲れやすく、また疲れもなかなか取れにくくなります。

 

「疲れやすい。」
「疲れが取れない」

 

という人は、首や顔を触ってみてください。

 

ひょっとして、ポツポツした小さなイボがありませんか?

 

老人性疣贅(ゆうぜい)といわれるイボです。
いわゆる老人性イボの一種です。

 

 

自律神経が乱れていると、さまざまな症状がでてきます。

 

その一つに、老人性疣贅(ゆうぜい)もあります。

 

というのも、自律神経が乱れると肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

 

老人性ゆうぜいの正体は、古い角質です。

 

本来なら、肌のターンオーバーによって排出されるものです。

 

しかし、ターンオーバーが乱れると角質は排出されずに肌に留まってしまいまうs。

 

肌に留まった角質が、イボなるんです。

 

これが、老人性疣贅の正体です。

 

老人性疣贅(ゆうぜい)は、自律神経が乱れることだけが原因になるわけではありません。

 

しかし、原因の一つであると言えます。

 

年齢を重ねると自律神経も乱れがちになります。

 

老人性ゆうぜいも、加齢が原因の一つです。

 

 

老人性疣贅(ゆうぜい)を治す薬はありません。

 

イボを治したいのなら、対処療法に頼るしかありません。

 

ハトムギ(ヨクイニン)を飲んだり、スキンケアを専用の物に変えたり。
食生活を見直したり、マッサージを行ったり。

 

対処療法の一つに、自律神経の乱れを改善することも入れてみましょう。

 

ひょっとしたら、疲れやすさも改善され、老人性疣贅も改善されるかもしれませんよ。

 

自律神経の乱れを改善する方法としては、

  • 質のよい睡眠
  • 程度な運動
  • ストレス発散

などがあります。

 

まずは自分ができるケアから行っていきましょう。