天気痛に悩んでいる人は、老人性疣贅(ゆうぜい)がある人が多い!?

 

老人性疣贅(ゆうぜいに悩んでいますか?
もしかして、天気痛にも悩んでいませんか?

 

気痛は気象病とも言われています。

 

天気痛とは、天気が悪くなると

  • 頭痛
  • めまい
  • 首の痛み
  • 古傷の痛み
  • うつ症状
  • もやもや

などの症状が出ます。

 

天気痛の症状は、人によって様々です。

 

ですから、自分の体調不良が「天気痛」であることに気がついていない人も多いです。

 

 

天気痛を持っている人は、老人性疣贅(ゆうぜい)がある人多いように思います。

 

天気痛と老人性疣贅は、何の関係もないように思いますよね。

 

 

なぜなら、天気が悪くなることで症状がでることと、老化が原因でおこるイボです。

 

この点だけを考えると、全く関係ないことです。

 

しかし、天気痛の原因を考えれば、全く関係ないとは言い切れないんですよ。

 

 

天気痛と老人性疣贅(ゆうぜい)が関係あるの?

天気痛の原因は、「耳」にあると言われています。

 

天気が雨などにあることで気圧が変化します。

 

この気圧の変化が、天気痛の要因でもあります。

 

気圧が変わると、内耳に影響を与えます。

 

自律神経が乱れることで、交感神経が活発になります。

 

血管が広がり、神経を圧迫します。

 

その結果、「痛み」として症状が出ます。

 

このことが、天気痛の原因と言われています。

 

つまり自律神経の乱れが天気痛の原因ともいえます。

 

 

自律神経が乱れると、天気痛がおこるだけではありません。

 

その他にも、さまざまな症状がでます。

 

症状の一つに肌荒れがあります。

 

自律神経が乱れるということは、肌のターンオーバーも乱れるということです。

 

肌のターンオーバーが乱れると、老人性ゆうぜいの原因となります。

 

このことから、天気痛がある人は、老人性疣贅ができやすい人と言えます。

 

 

天気痛も老人性ゆうぜいも、自律神経の乱れを改善することが大事です。

 

自律神経の乱れを改善するケアをしていきましょう。

 

 

例えば、

  • 質のよい睡眠
  • 適度な運動
  • 冷え性の改善

など。

 

天気痛の症状に薬はあまり効果はありません。
特に鎮痛剤などは、あまり効果がありません。

 

内耳に問題があるとされていますので、飲むのなら「酔い止め」を飲むのもおすすめです。

 

 

ですが、いつまでも薬に頼るわけにもいきませんよね。

 

今の症状をおさえてくれるかもしれませんが、症状を治してくれているわけではありません。

 

根本的に、天気痛を治してくれているわけではありません。

 

天気痛から開放されるためにも、自立神経の乱れを改善しましょう。

 

自律神経の乱れを改善できると、天気痛がよくなるだけではありません。

 

老人性ゆうぜいも、できにくい肌になります。

 

天気痛も老人性疣贅も、一緒に改善していきましょうね。