オロナインは、どんな肌トラブルにも効果ある?イボにはどう?

「皮膚のトラブルにはオロナイン!」

 

そういう風に考えている人は多いですよね。

 

だったら、老人性イボである首イボにも効果がありそうです。

 

実際は、どうなんでしょうか?

 

オロナインで、イボは治るのでしょうか?

 

あなたもイボにオロナインを使おうとしているのなら、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

そもそもオロナインはどんなものなの?

オロナインは、大塚製薬が製造・販売しています。

 

ひび・あかぎれ・しもやけ・切り傷・擦り傷・ニキビ・軽い火傷・水虫などに使うことができます。

 

ありとあらゆる症状に、オロナインが使えそうですね。

 

でも、「イボ」は書いてありませんでした。

 

使用されている有効成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」です。

 

殺菌・消毒薬としての効果があります。

 

その他の成分は、

  • ラウロマクロゴール
  • ポリソルベート80
  • 硫酸Al/K
  • マクロゴール
  • グリセリン
  • オリブ油
  • ステアリルアルコール
  • サラシミツロウ
  • ワセリン
  • 自己乳化型ステアリン酸グリセリル
  • 香料
  • 精製水

となっています。

 

注目は、「ステロイド」が使われていないことです。

 

ステロイドが使われていませんから、比較的安心して使うことができます。

 

また防腐剤も使用されていませんね。

 

 

老舗の大塚製薬が製造・販売していることこからも信頼のできる商品です。

 

 

オロナインはイボにも効果があるの?

皮膚のトラブルにはオロナインが効果がありそうですが、イボはどうでしょう?

 

オロナインの説明書には「イボ」は書かれていませんでした。

 

イボには種類があります。

 

ウィルス性のイボと、そうでないイボです。

 

首イボなどの多くは老人性疣贅(ゆうぜい)です。
ウィル性のイボではありません。

 

イボの正体は「古くなった角質」です。

 

ですから、肌にウィルスがいるわけでもなく、炎症を起こしているわけでもありません。

 

オロナインの効果は、殺菌と消毒です。

 

首イボなどの老人性疣贅(ゆうぜい)には、必要のない効果といえます。

 

ですので、オロナインでは老人性疣贅(ゆうぜい)を治すことはできません。

 

 

老人性疣贅(ゆうぜい)を治したいのなら、病院へ受診するか、専用のケアを使うようにしましょう。

 

病院でも首イボは治療してくれます。
主な治療は、液体窒素かレーザー治療です。

 

家でできる簡単なイボケアとしてはスキンケアなどがあります。

 

イボに効果がある化粧品などで、イボの除去を目指します。

 

さらには、イボに効果があるとされるサプリや漢方もあります。

 

首イボには首イボにあったイボケアを選ぶようにしてくださいね。