杏仁オイルで老人性疣贅をポロリ?!

 

老人性疣贅(ゆうぜい)などのイボには、ハトムギのほかにも杏仁オイルが効果的だと言われています。

 

杏仁といえば、杏仁豆腐を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
実はその杏仁豆腐の杏仁と、生薬として使われる杏仁は同じものなんですよ。

 

意外と身近なところにも存在している杏仁ですが、一体どのようなものなのでしょうか。
知っているようで知らない「杏仁オイル」。

 

なぜイボに効果があるのかということも含めて、ご紹介していきますね。

 

そもそも杏仁オイルってなに?

杏仁は実は昔から生薬として漢方に使われています。

 

アンズの種子の中心部分の仁(さね)を取り出して、油分を抽出して作ったものが「杏仁オイル」で、アプリコットオイルなどとも呼ばれることもあります。

 

ちなみに、杏仁豆腐などお菓子やスイーツに使うときは「あんにん」と読むのが一般的ですが、生薬として利用する場合は「きょうにん」と呼ぶそうですよ。

 

杏仁オイルにはどんな成分が入っているの?

杏仁オイルには肌の状態をサポートする脂肪酸が豊富に含まれています。

 

中でも、ターンオーバーをサポートする脂肪酸であるパルミトレイン酸は、肌を若々しく生き返らせる効果があり、「若さの脂肪酸」とも言われています。

 

パルミトレイン酸は老化に伴って減っていくものなので、この成分を取ることは重要なんですよ。

 

また、オレイン酸という過酸化皮脂の予防に効果的な脂肪酸も含まれています。

 

肌をやわらかくし、荒れたお肌を整えてくれます。
ほかにもリノール酸、ステアリン酸、パルミチン酸なども含まれていて、紫外線から肌を守ってくれたり、美肌効果があると言われています。

 

杏仁オイルがイボに効く理由は?

加齢に伴って新陳代謝は悪くなっていくもの。

 

しかも、女性は特に更年期になると血流も悪くなり、老廃物が体にたまりやすくなり、更に新陳代謝の悪化につながります。
そのため、イボができやすいと言われています。

 

杏仁には、ターンオーバーをサポートする成分も含まれている上、体の中の循環を良くする効果があるため、代謝もよくなり、なめらかな肌につなげることが出来るのです。

 

つまり、老人性疣贅(ゆうぜい)などのイボが出来やすい体の状態を改善してくれるんですね。
成分的にも年齢による肌トラブルの原因を解消してくれる成分が含まれているので、より効果が期待できますよね。

 

老人性疣贅(ゆうぜい)に杏仁オイルを使うにはどうしたら良いの?

杏仁オイルのみで直接使うと刺激が強すぎるため、精製水やほかの精油などで薄める必要があります。

 

簡単に使いたい場合は、すでにバランスよく杏仁オイルが配合されている商品もたくさんあるので、そういった商品を探してみることがおすすめですよ。

 

杏仁オイルは肌なじみが良く、酸化しにくいことが特徴です。
マッサージしながら塗ってみると効果的ですよ。

 

イボ以外にもニキビなどにも効果があるそうなので、気軽に取り入れてみると良いかもしれませんね。