イソジンでイボケア!使うのはイソジン軟膏です!

 

イボに使うイソジンはうがい薬のイソジンではありません。

 

「イソジン軟膏」になります。

 

そうなんです。
イソジンには軟膏もあったんですよ。

 

 

知っていましたか?

 

イソジン軟膏は、ドラッグストアなどで市販されています。
気楽に購入することができますので、チェックしてみてくださいね。

 

 

でも、なかなか売っていないんですけどね。
私も何軒も探し回って、やっと見つけました。

 

写真では、「イソジン軟膏」となっていませんが、名称が変更になっただけです。

 

 

イソジンでイボ取りができるかもしれない・・・。

 

でも、全てのイボに有効ではありません。

 

期待できるイボは、ウィルス性のイボになります。

 

顔イボや首イボにできる老人性イボには効果は期待でないんです。

 

顔イボや首イボは、皮膚が敏感ですから、専用のケアを選んでくださいね。

 

 

顔イボにはイソジン軟膏はダメ。使えるケアはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.aqua-b.jp/

 

 

イソジン軟膏が使えるイボは、このイボ!

イソジン軟膏は、成分にポピヨンヨードを使用しています。

 

ポピヨンヨードの効果は、殺菌です。

 

ですので、傷や火傷などの殺菌・消毒のために使用されます。

 

簡単に言えば「消毒薬」ですね。

 

 

その「消毒薬」である「イソジン軟膏」がどうしてイボに効果があると言われているのでしょか?

 

いわば、民間療法的に
「イソジンは、イボに効果がある。」
とされています。

 

本当なのか調べてみました。

 

 

イソジン軟膏は、どのイボにも使えるわけではありません。

 

イボには種類があります。

 

ウィルス性のイボと、そうでないイボです。

 

尋常性疣贅(ゆうぜい)と老人性疣贅(ゆうぜい)と分かれます。

 

尋常性疣贅はウィルス性のイボです。

 

 

イソジン軟膏に使えるのは、ウィルス性イボである尋常性疣贅です。

 

特に「水いぼ」に効果があるとされています。

 

 

つまりは、老人性疣贅(ゆうぜい)には使えません。
間違って、老人性疣贅(ゆうぜい)に使ったりしないでくださいね。

 

 

ウィルス性イボに使う方法を一応紹介しておきますね。

 

 

水いぼに、イソジン軟膏を直接塗ります。

 

 

軟膏を塗った上から、絆創膏を貼ります。

 

これを1日2回繰り返すだけです。

 

うまくいけば、イボが乾燥してきてポロッと取れるとのこと。

 

 

イソジン軟膏を使う際の注意点としては、

  • ヨードアレルギーの人
  • 使いすぎはダメ

です。

 

ヨードアレルギーがある人は、イソジン軟膏を使用しないようにしましょう。

 

イソジン軟膏は、ヨードを使用しています。
多量に使い続けると、甲状腺ホルモン低下症になるおそれもあります。

 

軟膏の使いすぎには注意してくださいね。

 

ただ、あくまでも民間療法の一種です。

 

イソジンがイボに効果があるという根拠はありません。

 

口コミでも、
「イソジンでイボが取れた。」
という人もいれば、

 

「全然効果がなかった。」
という人もいます。

 

ただ、大事なのはイボに対して何かしらのケアをすることです。

 

何もしないで放置していても、イボがなくなることはありません。

 

イボが気になるのであれば、ケアを始めましょう。

 

 

民間療法は不安という人は、やはり病院へ受診してください。
あなたのイボにあった適切な治療をしてくれます。

 

ただし、病院での治療にもメリットとデメリットはあります。

 

病院での治療は、イボを取ってくれるというメリット。
費用、痛み、通院回数、色素沈着のおそれなどのデメリットもあります。

 

自宅でケアをしたいというのなら、老人性疣贅にも使えるケアを選んでください。

 

 

イソジン軟膏や、イボコロリの使用は控えましょう。
老人性ゆうぜいに使えるケアとして有名なのは「艶つや習慣(つやつや習慣)」です。

 

スキンケアですが、イボケアの評価が高いです。
もちろん、顔や首イボにも使用可能です。

 

イボケア商品では、顔や首に使えないものが多いです。

 

イボコロリ以外の商品を見つけても、必ず顔や首にも使用できるのかは確認しましょう。

 

その点、艶つや習慣は顔や首にも使用可能ですから安心してください。

 

まとめますと、

  • イソジン軟膏やイボコロリは顔や首には使用禁止
  • 顔や首に使用できるイボケア用品を選ぶこと

になります。

 

一番ダメなことは、老人性疣贅を放置しておくことです。
放置しておいても、いいことはありません。

 

あなたができるケアから始めてくださいね。

 

 

イソジン軟膏は顔には使用禁止!顔にも使用できる「艶つや習慣」の詳細はこちら
↓ ↓ ↓
http://www.aqua-b.jp/