老人性疣贅(ゆうぜい)とは?私のイボもこれなの?

 

首まわりを中心にできやすいポツポツ。
もしかすると、それは老人性疣贅(ゆうぜい)や老人性イボなどと言われているものかもしれません。

 

「私のこのポツポツは老人性疣贅(ゆうぜい)なの?」
「どうしたら良いの?」
そんな人たちのために、気になる老人性疣贅(ゆうぜい)の症状や原因・治療方法をご紹介します!

 

老人性疣贅(ゆうぜい)の症状

首まわりや胸元、目元などにできやすいポツポツイボの中でも、1mm〜3mmほどの大きさのイボを老人性疣贅(ゆうぜい)と言います。

 

それより小さいものはアクロコルドン、大きいものは軟性繊維種と言うそうですよ。

 

老人性疣贅(ゆうぜい)は肌より少し飛び出ているものが多いイボですが、良性のイボです。

 

首まわりや胸元・目元以外にも、体の柔らかい部位(皮膚)にできやすい傾向にああります。

 

色は皮膚の色と同じ色のものもあれば、茶褐色や黒色など、人によってさまざまです。

 

老人性イボとも呼ばれていますが、実際は早い人だと20代・30代から出始めることもあります。
ですので、必ずしも老人ができるというわけではありません。

 

しかし、加齢によってできやすいことは確かで、40代・50代になると悩む女性が増えます。

 

老人性疣贅(ゆうぜい)の原因
  • 加齢による肌の老化
  • 紫外線ダメージ
  • アクセサリー等の刺激

 

これらが、主な原因と言われています。

 

歳を重ねると、新陳代謝が低下しやすく、肌のターンオーバーも悪くなりがちですよね。

 

そうなると古い角質はうまく排出できずに肌に残ます。
角質や脂肪などと合わさって老人性疣贅(ゆうぜい)になってしまうんです。

 

さらに、歳を重ねると肌のバリア機能も弱まりますし、紫外線ダメージも受けやすくなります。

 

アクセサリーや服のこすれもダメージとして受けやすくなってしまうものです。
つまり、総合的にダメージを受けやすい肌の状態が老人性疣贅(ゆうぜい)につながっているようです。

 

老人性疣贅(ゆうぜい)の改善方法

老人性疣贅(ゆうぜい)は自宅でもケアできます。

 

もちろん、病院での治療も可能なんですよ。
いくつかの方法を簡単にご紹介しますね。

 

<病院で治療する方法>
・液体窒素を使って老人性疣贅(ゆうぜい)を凍結して取り除く。
・レーザーで焼き取る。
・ハサミや糸、メスなどで切り取る。

 

 

<自宅でケアする方法>
・イボに効くハトムギ(ヨクイニン)の成分を、食品やサプリメント、スキンケア商品などから摂取する。
・充分に日焼け止めを塗ったり、アクセサリー類をなるべくつけないなど、肌刺激を避ける。
・顔はもちろん、紫外線を受けやすい首まわりなども充分に保湿する。

 

主にこれらの方法が老人性疣贅(ゆうぜい)に効果があると言われています。

 

自宅でのケアは比較的やり方が簡単なので、試しやすいのではないでしょうか。

 

細菌では、スキンケアで老人性疣贅のケアができるものも売り出されています。
私は、艶つや習慣を使っています。

 

艶つや習慣についてはTOPページを見てくださいね。
→TOPページはこちらから

 

それでもダメな場合や、痛み・痒みなどがあるイボの場合は念のため病院で医師に相談してみるのも良いかもしれませんね。