老人性疣贅(ゆうぜい)に効く「薬」ってあるの?

 

老人性疣贅(ゆうぜい)に効く薬はあるのでしょうか?

 

残念ながら、老人性疣贅(ゆうぜい)に効く薬はありません。

 

「この薬を飲めば、イボが治ります!」
という薬はないんです。

 

「だったら、どうやって私の首イボは治したらいいの?」
と思いますよね。

 

 

薬がないのんだったら、結局は病院での治療しかないんでしょうか?

 

液体窒素やレーザー治療でしか治らないんでしょうか?

 

 

病院は、敷居が高いと感じる人も多いですよね。

 

 

老人性疣贅(ゆうぜい)は、良性のイボです。

 

ですから、放置していても問題はありません。

 

 

「薬もないなら、このままで・・・。」
と諦めてしまう人もいます。

 

 

確かに「薬」はありません。

 

ですが、自宅でケアできないというわけでもないんです。

 

 

老人性ゆうぜいは、薬以外でケアしていきましょう。

 

 

薬以外でのケア方法とは?

 

ヨクイニン(ハトムギ)

薬はないと言いましたが、皮膚科で処方される内服薬があります。

 

「ヨクイニン」です。

 

ご存知の方も多いと思います。

 

ハトムギの殻を取り除いたものが「ヨクイニン」です。

 

ハトムギと効果・効能は変わりません。

 

昔から、イボケアとして使われてきた「ハトムギ」は、今でも皮膚科で処方されているんですよ。

 

 

ただし、薬ではありません。

 

考えとしては、サプリメントといえるかもしれません。

 

肌のターンオーバーに働きかけることで、老人性ゆうぜいにも効果を発揮します。

 

薬ではありませんから、効果を実感するのにも時間がかかります。

 

また、効果がでない人もいます。

 

皮膚科で詳報される以外に、ドラッグストアなどでも市販されています。

 

 

スキンケア

化粧品などを使ってイボケアする方法もあります。

 

化粧品の中には、肌のターンオーバーに働きかけてくれる成分が使われているものもあります。

 

それらを選んで、毎日ケアすることで老人性ゆうぜいにも効果があるということです。

 

最近では、老人性疣贅に特化した化粧品も市販されていますよ。

 

 

注意してほしいののは、イボコロリです。

 

イボコロリもドラッグストアなどで市販されているイボ取りクリームです。

 

ですが、老人性ゆうぜいには使用することはできません。

 

この点は注意してくださいね。

 

 

老人性疣贅は、皮膚が薄い場所にできやすいです。

 

ですから、スキンケア用品を選ぶときは、ちゃんと顔にも使えるものを選びましょう。

 

顔にも使えるスキンケアは艶つや習慣などがあります。

 

詳細は【艶つや習慣の通販とは?】を読んで下さいね。

 

 

老人性疣贅(ゆうぜい)に効く薬はありません。

 

ですが、ヨクイニンや、スキンケアでケアすることができます。

 

ヨクイニンだけ、スキンケアだけではなく、両方を取り入れるのもおすすめです。

 

できるケアから始めてみてくださいね。