老人性疣贅(ゆうぜい)とは?治療方法は?

 

老人性疣贅(ゆうぜい)は、老人性イボと言われるイボです。
その他にもスキンタッグや、アクロコルドンなどとも呼ばれます。

 

「老人性イボ?」
と聞いたら、ショックを受けますよね。

 

「私ってもう老人なの?」と。

 

名前は「老人性ゆうぜい」ですが、早い人は20代でもできるイボなんですよ。

 

とは、言ってもイボの原因は「老化」です。

 

年齢を重ねると、老人性疣贅ができる確率は上がっていきます。

 

40代にもなると、イボについて、悩んでいる人も多いんです。

 

人にはなかなか言えないだけで、多くの人が悩んでいます。
あなただけじゃありません。

 

80代になると、100%の人にイボができているのだとか。

 

 

できやすい場所は、顔や首、デコルテ、お腹、内ももなど。

 

比較的、皮膚の柔らかい場所にできやすくなっています。
特に、首イボとして現れることが多いです。

 

目立つところにできるからこそ、困るんですよね。

 

イボだからデコボコしているので、化粧では隠しようがありません。

 

イボの大きさは1〜3mmです。
小さくポツポツしています。

 

首を触ると、ポツポツと手にあたる感覚ありませんか?

 

老人性疣贅には、痛みやかゆみなどの症状はありません。

 

症状があるようでしたら、それは老人性疣贅ではない可能性もあります。
その場合は、病院へ行ってください。

 

 

また特徴としては、加齢とともに、イボの数は増える傾向にあります。

 

ですが、ウィルス性のイボではありませんので、人にうつったりする心配はありません。
もちろん、自分の他の皮膚にうつるということもありません。

 

その点は、安心してくださいね。

 

症状もなければ、人にうつす心配もないものですが、どうにかしてイボを取りたいものです。
首周りや、顔にイボができていると、目立ちますから気になりますよね。

 

服やアクセサリーに引っかかって違和感を感じたりもします。

 

安心してください。
老人性ゆうぜいのイボも、取ることができます。

 

方法は、2つあります。

 

1つは病院、そしてもうひとつが自宅でのケアです。

 

それぞれ紹介していきますね。

 

 

>>老人性疣贅を自宅でケア。詳細はこちら<<

20160121追加

 

 

 

病院での治療方法について

 

 

老人性疣贅の治療方法としては、病院での治療があります。

 

診療科は、皮膚科です。
もしくは、美容形成外科に行ってください。

 

病院での治療は、主に液体窒素、レーザーによるイボ取りになります。

 

 

液体窒素での治療

 

イボに液体窒素を押しあてて、凍結させます。
凍結、つまり火傷と同じ状態になります。

 

イボは一瞬で凍結され、かさぶたのような状態になります。

 

処置から数日経てば、かさぶたと一緒にイボも取れます。

 

治療には、麻酔を使用しませんので、若干の痛みを感じます。
また、場所によっては処置後も痛みが続きます。

 

液体窒素による治療は、まれに色素沈着をおこす場合もあります。

 

液体窒素による処置が傷跡となり、シミのような跡が残る可能性もあります。

 

イボによっては、1回で取りきれず、何度も処置を繰り返さなくてはいけない場合もあります。

 

さらに、イボの数が多いと何度も処置のために通院しなくてはいけません。

 

保険適用とある場合がほとんどです。
ですが、事前に金額の確認はしておきましょう。

 

1回あたりの金額は、平均で約1,000円からのところが多いです。

 

液体窒素は、麻酔を使用しませんので痛みを感じます。
レーザー治療は、保険適用外であることが多く、費用面に負担となることもあります。

 

また、まれに色素沈着を起こす場合もあります。

 

 

レーザー治療

炭酸ガスレーザーを使いイボを除去します。

 

処置には麻酔を使用しますので、痛みなどは感じません。
傷跡も残ることなく、キレイにイボが除去できます。

 

ですので、顔イボを取るときにおすすめの方法でもあります。

 

ただし、保険定期用外となる場合がほとんどです。

 

保険定期用外ですから、病院によって金額にはかなりの差がでてきます。

 

イボ1個5,000円のところもあれば、5個で1万円など。

 

治療後に、金銭トラブルにならないためにも、事前に金額のチェックを行うようにしてください。

 

 

病院によっては、機器がないなどの理由で老人性疣贅の治療を行っていないところもあります。

 

あなたが行こうとしている病院が治療をおこなっているのか?

 

受診する前に電話などで確認しておきましょう。

 

 

>>艶つや習慣の公式サイト<<

20160121追加

 

 

自宅でできる老人性ゆうぜいのケア

 

病院以外の老人性疣贅のケアとして、自宅でのケアがあります。

 

市販されているイボケア商品を使うことです。

 

あなたは、イボケア商品と聞いて何を思い浮かべますか?

 

「イボと言えばイボコロリでしょ!」
とイボコロリをあげる人が多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、
老人性ゆうぜいにイボコロリは使用してはいけません。

 

 

「イボコロリといえば、どんなイボにも使ってもいい。」
と思っている人が多いです。

 

こちらを見てください。

 

イボコロリの説明書です。

 

ちゃんと、老人性イボには使ってはいけないと書いてあります。

 

 

ですので、間違ってもイボコロリを老人性疣贅には使用しないでください。

 

老人性ゆうぜいができる場所は、皮膚が薄いところが多いです。

 

顔、首、デコルテ、胸、太ももなど。

 

他の皮膚よりも薄くなっていますから、刺激にも敏感です。

 

そのため、イボコロリのように老人性疣贅には使用できないケア用品は多いんです。

 

実際、イボコロリを顔や首イボに使用した結果、色素沈着を起こした人や、炎症を起こした人も多くいます。

 

イボケア用品を使う時は、顔や首に使えるのかの確認をしてくださいね。

 

商品名だけで判断してはいけません。

 

 

でも、安心してください。

 

ちゃんと老人性ゆうぜいにも使用できケア用品があります。

 

それが「艶つや習慣(つやつや習慣)」です。

 

顔や首イボでも安心して使える成分で作られています。
もちろん、老人性ゆうぜいにも、効果がある成分です。

 

>>老人性ゆうぜいでも使用可能!艶つや習慣の詳細はこちら

 

 

艶つや習慣が老人性疣贅に使える理由とは?

 

老人性ゆうぜいにも使用できる「艶つや習慣(つやつや習慣)」

 

薬などではなく、オールインワンジェルです。
つまり化粧品です。

 

 

「化粧品でイボケア?」
と驚かれるかもしれません。

 

 

簡単に説明すると、艶つや習慣に配合されている成分がイボに働きかけ、自然な形でイボをポロリとしてくれます。

 

どうして艶つや習慣が老人性ゆうせいに効果があるのか。

 

それは使われている成分に秘密があります。

 

艶つや習慣に使用されている成分でも特筆すべき成分は2つあります。

 

  • ハトムギエキス
  • あんずエキス

イボに悩む人は、名前えお聞いただけでピンとくるかもしれませんね。

 

どちらも「イボの効果がある」とされている成分です。

 

ハトムギは漢方では「ヨクイニン」と言われます。

 

イボケアのためにはと麦茶を飲んでいる人は多いですよね。

 

あんずエキスは、杏仁オイルと言った方が有名かもしれません。
年齢を重ねると減少するパルミトレイン酸を補ってくれます。

 

どちらの成分も、肌のターンオーバーに働きかけます。

 

 

老人性疣贅の正体は、「古い角質」です。

 

肌のターンオーバーによって、古くなった角質を肌の外へ出してくれます。

 

つまりイボケアで重要なポイントとなるのが

 

肌のターンオーバー

 

です。

 

肌のターンオーバーのサイクルが正常でなければ、どんどん古い角質は肌に留まってしまいます。

 

ターンオーバーの正常のサイクルは28日です。

 

しかし、30代になると40日に伸びます。

 

さらに、
40代だと50日
50代だと75日
60代では100日
になります。

 

つまり40代では肌が生まれ変わるのに、50日かかるということです。

 

これは平均な日数でしかありません。
人によっては、もっと長い人もいれば、短い人もいます。

 

同じ年齢にも関わらず、イボがある人、ない人は、ターンオーバーのサイクルが違うからかもしれません。

 

 

ですから、肌のターンオーバーを正常に近づけるのが、老人性ゆうぜいの治療のポイントとなります。

 

 

艶つや習慣では、ハトムギとあんずエキスのWパワーでサポートしてくれます。

 

 

「でも、なんでオールインワンなの?」
と思いますよね。

 

 

イボケアは、継続しないと効果はでません。

 

艶つや習慣が薬ではありませんから、効果を感じるには時間も必要です。
ましてや、ターンオーバーが乱れていると、なお時間がかかります。

 

継続してケアをしていかなくてはいけません。

 

でも、めんどうなケアだと続けられますか?

 

人間はめんどうなことは続けられないものです。

 

でも、艶つや習慣はオールインワンです。

 

普段の化粧品を艶つや習慣に変えるだけで、イボケアができてしまいます。

 

化粧品は毎日使うもの。
無理なく、継続できるのが艶つや習慣なんです。

 

 

まだ理由はあります。

 

それは、マッサージです。

 

老人性ゆうぜいには、ターンオーバーがポイントだと言いました。

 

このターンオーバーですが、マッサージを行うことで、正常に戻す効果がさらにアップするんです。

 

 

マッサージを行うと、血行がよくなります。
血の巡りがよくなると、新陳代謝もよくなります。

 

新陳代謝がよくなると、肌のターンオーバーのサイクルにも影響を及ぼします。

 

艶つや習慣を付けたときに、一緒にマッサージを行えることがポイントです。

 

わざわざ、他のマッサージジェルを用意する必要もありません。

 

継続とマッサージの面で、艶つや習慣では、あえてオールインワンにこだわっています。

 

>>オールインワンでイボケア可能!艶つや習慣の詳細はこちら

 

 

継続しやすい理由とは?

継続して艶つや習慣でケアするとなると、心配なのが費用ですよね。

 

値段が高ければ、継続して使用することは厳しくなります。

 

では、艶つや習慣はどうでしょうか?

 

艶つや習慣の定価は4,104円です。
これにプラスで送料630円が必要です。

 

 

しかし、もっとお得に購入する方法があります。

 

定期購入です。

 

艶つや習慣を定期購入で申し込むと

 

初回価格が、2,052円となります。
なんと、50%OFFです。

 

おまけに送料無料です。

 

2回目以降も、3,283円の20%OFFです。

 

この価格が、定期購入に申し込んでいる限り続きます。

 

 

でも、定期購入には不安を感じる人もいますよね。

 

「解約しづらいんでしょ。」
「購入に縛りがあるの?」

 

 

安心してください。

 

艶つや習慣の定期購入は、私たちには何のリスクもありません。

 

 

なぜなら、いつでも解約・休止ができます。

 

 

つまり、1回限りでも解約できるんです。
購入回数にも縛りはありません。

 

1回限りで解約できるということは、単品購入と変わりありませんよね。

 

どうせ継続するのなら、定期購入がおすすめです。
もし、肌に合わなかったら解約したらOKなんですから。

 

 

一番ダメなことは、老人性疣贅があるのに放置しておくことです。

 

老人性疣贅を、放置しておいても何もかわりません。
むしろ、イボはどんどん大きくなり、数もどんどん増えます。

 

あなたにできるケアから始めてくださいね。

 

>>老人性疣贅(ゆうぜい)にも使える!艶つや習慣の詳細はこちら

 

 

老人性疣贅(ゆうぜい)について記事一覧

首まわりを中心にできやすいポツポツ。もしかすると、それは老人性疣贅(ゆうぜい)や老人性イボなどと言われているものかもしれません。「私のこのポツポツは老人性疣贅(ゆうぜい)なの?」「どうしたら良いの?」そんな人たちのために、気になる老人性疣贅(ゆうぜい)の症状や原因・治療方法をご紹介します!老人性疣贅(ゆうぜい)の症状首まわりや胸元、目元などにできやすいポツポツイボの中でも、1mm〜3mmほどの大き...

首まわりや胸元などに現れやすいポツポツ。女性にとって悩みのタネになっていますよね。このポツポツ、老人性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれる良性のイボです。その名の通り「老化」が原因でできるイボです。イボの治療薬といえば「イボコロリ」という商品が有名ですよね。でも、老人性疣贅(ゆうぜい)のケアにもイボコロリを使用しても良いのか、あなたは知っていますか?知らないと大変なことになる「イボコロリ」の取り扱い。ご紹介...

ポツポツイボが肌に現れてきて悩んでいる女性って意外と多いんです。そんな女性たちに今人気の「艶つや習慣(つやつや習慣)」なんと23万個も売れているそうです。通販限定でしか、売っていないのにスゴイですよね。「効果がありそうだし試してみたいけど、敏感肌だから心配・・・。」中にはそんな女性もいるのではないでしょうか?私もそうなのですが、敏感肌の人って初めて使うスキンケア商品を買うとき、どうしても慎重になっ...

老人性疣贅(ゆうぜい)などのイボには、ハトムギのほかにも杏仁オイルが効果的だと言われています。杏仁といえば、杏仁豆腐を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。実はその杏仁豆腐の杏仁と、生薬として使われる杏仁は同じものなんですよ。意外と身近なところにも存在している杏仁ですが、一体どのようなものなのでしょうか。知っているようで知らない「杏仁オイル」。なぜイボに効果があるのかということも含めて、ご紹介...

自宅での老人性疣贅(ゆうぜい)ケアとして、「ヨクイニン」が注目されているって知っていましたか?「ヨクイニン」とは、実は「ハトムギ」の種の中身を乾燥させた生薬のことです。日本でも「はとむぎ茶」として販売されていますよね。その他にも、シリアルの中に配合されていることもあり、認知度が高いものですよね。でも、「まさかイボに効くなんて!」という女性も多いはず。注目の生薬、ハトムギ(ヨクイニン)について、その...

私の首イボ、どんどん数が増えているんだけど。ひょっとして、うつっているんじゃないの?と不安に思いますよね。あなたを悩ませる首イボや顔のイボである老人性疣贅(ゆうぜい)。気がついたときは、首や顔にポツポツ小さいイボができている。それも、どんどん数も増えていっている・・・。と悩んでしまいます。首イボができる理由がわからないと、どんどん増えていくイボに「イボが他の皮膚にうつっているのかも・・・。」と不安...

老人性疣贅(ゆうぜい)で悩んでいる人は意外に大勢います。「どうにかして、イボを取りたい。」と思っている人は、あなただけではありません。老人性疣贅の治療方法の一つに、病院へ行くという選択肢があります。でも、どうして老人性ゆうぜいは、治療しなくてはいけないのでしょうか?その理由は主に2つあります。目立つ場所にできやすいどんどん増えるこの2つの理由と、病院での治療方法について説明しますね。自宅でイボケア...

老人性疣贅(ゆうぜい)には症状はありません。痛みだったり、かゆみなどの症状はないイボです。良性の腫瘍ですから、放置しておいても問題ありません。実際、痛みやかゆみの症状がありませんから、放置にしておく人も多いんです。でも、放置しておくと、だんだん大きくなったりします。さらには、イボの数が増えたりする場合もあります。老人性疣贅の原因は「老化」です。ですから、何もケアしないと数も増えます。症状がないから...

老人性疣贅(ゆうぜい)と言う言葉が気になった事はありますか?首や胸元、顔や手の甲など。皮膚の薄く柔らかい場所によくできるイボを「老人性疣贅(ゆうぜい)」と言います。老人性イボとも言われていますね。いやな名前です。名前の通り、加齢が原因と考えられているいぼです。今まで気付かなかったけど、首元にポツポツと突起物が出来ているような・・・なんて事があれば、それは老人性ゆうぜいかも知れません。老人性ゆうぜい...

いちじくは美味しいですよね。秋になるといちじくはの旬のシーズンです。スーパーなどでも、目にする機会が増えます。そんないちじくですが、食べるだけではありません。なんと、老人性疣贅(ゆうぜい)にも効果があるとされているんです。いちじくを食べてイボを治すというわけではありません。では、いちじくでどうやってイボのケアをするのでしょうか?本当に効果があるのでしょうか?調べてみました。いちじくが老人性疣贅(ゆ...

イボに使うイソジンはうがい薬のイソジンではありません。「イソジン軟膏」になります。そうなんです。イソジンには軟膏もあったんですよ。知っていましたか?イソジン軟膏は、ドラッグストアなどで市販されています。気楽に購入することができますので、チェックしてみてくださいね。でも、なかなか売っていないんですけどね。私も何軒も探し回って、やっと見つけました。写真では、「イソジン軟膏」となっていませんが、名称が変...

老人性疣贅(ゆうぜい)について考えた事はありますか?老人性ゆうぜいができやすい場所としては、首があります。首イボに悩んでいる人は多いですよね。首だけでなく、顔、デコルテ、内ももなど、皮膚が薄くて敏感なところで多く発生します。どうして、老人性疣贅は、皮膚が薄いところにできるのでしょうか?できやすい場所を見れば、老人性疣贅の原因もわかってきます。そもそも老人性疣贅(ゆうぜい)のできやすい場所は?老人性...

老人性疣贅(ゆうぜい)に効く薬はあるのでしょうか?残念ながら、老人性疣贅(ゆうぜい)に効く薬はありません。「この薬を飲めば、イボが治ります!」という薬はないんです。「だったら、どうやって私の首イボは治したらいいの?」と思いますよね。薬がないのんだったら、結局は病院での治療しかないんでしょうか?液体窒素やレーザー治療でしか治らないんでしょうか?病院は、敷居が高いと感じる人も多いですよね。老人性疣贅(...

老人性疣贅(ゆうぜい)のケアでやってはいけないことがあります。老人性疣贅(ゆうぜい)自体に、症状はありません。痛みだったり、かゆみだったり。何も症状がないのも特徴の一つです。ですから、自分でイボの除去をしようとする人もいます。ハサミや、カッターナイフ、針を使ったイボ取り方法です。口コミやSNS、2chなどを見ていると実際に「自分でハサミで、イボを取りました。」という内容をみることもあります。でも、...

「皮膚のトラブルにはオロナイン!」そういう風に考えている人は多いですよね。だったら、老人性イボである首イボにも効果がありそうです。実際は、どうなんでしょうか?オロナインで、イボは治るのでしょうか?あなたもイボにオロナインを使おうとしているのなら、ぜひ参考にしてくださいね。そもそもオロナインはどんなものなの?オロナインは、大塚製薬が製造・販売しています。ひび・あかぎれ・しもやけ・切り傷・擦り傷・ニキ...

気になる記事を見つけました。こちらです↓↓【日本臨床皮膚科医学会速報】 ウイルス性のいぼに尿素軟膏療法、「治癒率92%」が報告 ウイルス性のいぼ(疣贅)は、治療に苦慮することが多い皮膚感染症の一つ。しかし、尿素軟膏を1日2回十分量塗布すれば、9割以上が数カ月で治癒する−−。4月14日のシンポジウム3「ありふれているが治療に難渋する皮膚疾患」では、市立堺病院前副院長(3月末で定年退職、5月に東皮フ科...

アロマとしてお馴染みのティツリー。アロマとしてリラックスするだけに使うのはもったいないですよ。ティツリーの原産国であるオーストラリアでは、昔から薬として使用されてきました。主に怪我の治療薬としてです。今のアロマの印象からすると、「怪我の治療に?」とビックリしますよね。というのも、ティツリーには、抗菌・殺菌の作用があるんです。この点が、怪我の治療薬として使われてきた理由になります。抗菌・殺菌作用があ...

スーパーでも見かける「アップルサイダービネガー」リンゴ酢です。お酢は、健康面や美容面でとても注目されていますよね。その中でも話題になっているのが「リンゴ酢」そのまま飲んでもいいですし、料理に使用してもOK。味も美味しいし、それでいて美容面に最適となれば人気もでます。でも、リンゴ酢は直接食べたりするだけではないんです。直接、肌に塗ったりしてスキンケアとしても使用できます。そして、驚くことにイボへのケ...

「木酢液」って聞いたことありますか?木を木炭にするときにでる副産物です。竹でできたものは「竹酢液」といいます。木酢液がイボケアに使われていることを知っていますか?民間療法の一つですが、昔から木酢液はイボケアに使用されてきたんですよ。木酢液は「酢」でもあります。「酢」は、殺菌作用があります。このことから、主にウィルス性のイボに効果があるとされています。老人性疣贅(ゆうぜい)はウィルス性のイボではあり...

老人性疣贅(ゆうぜいに悩んでいますか?もしかして、天気痛にも悩んでいませんか?気痛は気象病とも言われています。天気痛とは、天気が悪くなると頭痛めまい首の痛み古傷の痛みうつ症状もやもやなどの症状が出ます。天気痛の症状は、人によって様々です。ですから、自分の体調不良が「天気痛」であることに気がついていない人も多いです。天気痛を持っている人は、老人性疣贅(ゆうぜい)がある人多いように思います。天気痛と老...

「何だか最近疲れやすい・・・。」「疲れがとれない。」女性で、30代40代ともなると、こんな悩みが出てきます。「どれだけ休んでも、いつも疲れている。」「疲れやすい」ことで悩んでいる人は、結構大勢います。原因は、さまざま考えられますが、一つには自律神経の乱れがあります。自律神経が乱れていると、疲れやすく、また疲れもなかなか取れにくくなります。「疲れやすい。」「疲れが取れない」という人は、首や顔を触って...

首や顔などに、ポツポツと小さいイボが出来たことのある人はいませんか?それは、老人性疣贅(ゆうぜい)かもしれません。老人性疣贅は皮膚科に行っても治療してもらうことができます。ですが、老人性ゆずぜいのできやすい体質の人は、治療後も再発する事が多いんです。再発というよりも、新しくイボができるという表現の方が正しいでしょう。老人性疣贅ができるたびに、皮膚科を受診するという余裕は、あまりありませんよね。通院...