錠剤か粉末か。どちらを選んだらいいの?

 

ハトムギ(ヨクイニン)の漢方やサプリは2種類あります。

 

錠剤と粉末です。

 

どちらも効果や効能に差はありません。

 

ですが、気になるのは

 

「錠剤か粉末のどちらを飲めば、より効果があるの?」
「吸収率がいいの?」

 

ということ。

 

せっかく飲むのなら、より効果がある方を選んで飲みたいですよね。

 

ハトムギ(ヨクイニン)は、錠剤と粉末で差はあるのでしょうか?

 

 

錠剤と粉末の差は?違いはあるの?

ハトムギのサプリは、錠剤でも粉末でも効果・効能に差はありません。

 

 

錠剤と粉末での差は、飲みやすさ、値段、吸収率の早さにあります。

 

 

薬にはいろんな種類がありますよね。

 

錠剤、カプセル、液体、粉末などなど。

 

この中で、一番吸収率が早いのは「液体」です。

 

吸収率の早さからいうと、

 

液体→粉末→錠剤・カプセル

 

となります。

 

 

ハトムギ(ヨクイニン)で言えば、粉末→錠剤の順番で吸収率が早くなります。

 

 

ですので、ハトムギ(ヨクイニン)をより早く吸収したいのなら「粉末」を選んでください。

 

粉末は、ハトムギ以外に余計な成分は使われていません。

 

状態としては、成分がそのままの状態になっています。

 

成分が丸裸の状態ですから、吸収率も早くなります。
吸収率が早いですから、胃で吸収されます。

 

 

錠剤は、ハトムギ(ヨクイニン)の成分を圧縮し固めたものです。

 

成分を固めるときに、添加物を使用します。

 

錠剤では、ハトムギ(ヨクイニン)の成分の他に添加物が入ります。

 

どんな添加物が使用されているのかは、製薬会社によって違います。
成分表で確認してくださいね。

 

錠剤は、胃や腸で吸収されます。

 

どこで吸収されるのかを計算して作られています。
ですので、錠剤は噛み砕いたりして飲んではいけません。

 

 

値段も錠剤と粉末では異なります。

 

製薬会社によって、値段は違いますが、粉末の方が安い傾向にあります。

 

しかし、粉末は飲みにくいというデメリットもあります。

 

錠剤は持ち運びもできて飲みやすいですが、値段が粉末より高めです。

 

大事なことは、ハトムギ(ヨクイニン)の継続です。

 

ある程度の期間は、飲み続けないといけません。

 

薬ではありませんから、効果を得るには時間もかかります。

 

ですから、錠剤か粉末かを選ぶときは、あなたが継続できる方を選んでくださいね。

 

「値段が安いから、飲みにくいのをガマンして粉末にしたけど、やっぱり飲みにくい。」

 

となって、飲まなくなってはいけません。

 

 

「値段は高いけど、飲みやすそうだから錠剤にした。でも値段が・・・。」

 

となって、決められた量を飲まないのもいけません。

 

どのタイプだったら継続して飲むことができるのか。

 

錠剤でも粉末でも効果・効能に差はないので、継続の面から検討してくださいね。