顔のイボの取り方を紹介!あなたは、どの方法を選ぶ?

顔のイボの取り方が気になりますよね。

 

目立つところにできていますから、
「どうしても、取りたい!」
と思うものです。

 

 

顔のイボの取り方はどんな方法があるのでしょうか?

 

あなたは、どの方法でイボを取りますか?

 

 

顔イボの取り方!あなたはどの方法を選ぶ?

 

顔のイボを取る方法はいくつかあります。

  • 皮膚科
  • 民間療法
  • スキンケア

が主要な方法となります。

 

一つずつ見てみましょう。

 

皮膚科

顔のイボは、皮膚科でも取ってもらえるんです。

 

方法は、主に2つあります。

 

一つは、液体窒素での除去方法。
もう一つは、レーザー治療による除去方法です。

 

どちらの方法も、イボが取れる確立は高いです。

 

 

ただし、液体窒素の場合は、色素沈着を起こす可能性もあります。

 

顔のイボは取れても、シミのような痕が残るかもしれません。
保険適用で治療できることが多いです。

 

治療には麻酔を使用しませんから、多少の痛みを感じます。

 

レーザー治療は、顔のイボでもキレイに取れることが特徴です。

 

麻酔を使用しますから、痛みもありません。
ただし、保険適用外となることがほとんどです。

 

金銭面の負担がかかる除去方法といえるでしょう。

 

 

皮膚科での治療は、イボが取れる可能性が高い方法です。

 

しかし、痛みや、金銭面で負担などのデメリットもあります。

 

 

どうしても気になるイボだけ皮膚科で取ってもらうというのも一つの方法です。

 

気になる顔イボは一つだけじゃない人も多いですよね。

 

全部のイボを皮膚科で取ってもらうのは、金銭面からも、肌への負担を考えても現実的ではありません。

 

 

 

民間療法

イボ取りには、数多くの民間療法があります。

 

いちじくやナス、ハトムギを使ったものから、
ハサミや糸、ダクトテープなどを使用する方法まで、さまざまあります。

 

 

中には、
「こんな方法で、顔のイボが取れるの?」
と思うものまで。

 

 

民間療法でのイボ取りは、あくまでも民間療法です。

 

科学的に証明された方法ではありません。

 

 

また、効果があるイボ、そうでないイボもあるでしょう。

 

顔のイボは多くの場合で老人性イボです。

 

民間療法が、老人性イボにも効果があるのかを確認してから行うようにしましょう。

 

あくまでも、自己責任において行う方法です。

 

やってみて、肌にトラブルが起きても誰も責任は取ってもらえません。

 

民間療法をやってみようと思うのなら、ある程度のリスクも考えて行ってくださいね。

 

スキンケア

最近ではスキンケアで、イボを取る方法もあります。
実は、この方法が一番人気があるんです。

 

 

それは、痛みもない、金銭的負担も少ない、手軽ということがあると思います。

 

代表的なものとして「艶つや習慣(つやつや習慣)」があります。

 

艶つや習慣は、オールインワンジェルですから、手軽にケアできますよね。

 

なぜなら、普段のスキンケア用品を艶つや習慣に変えるだけですから。

 

普段の化粧品にプラスして、余分にイボケア代がかかるということはありません。

 

 

イボが取れるときにも、痛みはありません。

 

毎日、艶つや習慣でケアすることで、だんだんとイボが取れる状況になっていきます。
そして、気がついたらポロリとなっています。

 

何の痛みもありません。

 

イボ取りと言えば、イボコロリを思い浮かべるかもしれません。

 

しかし、イボコロリは顔には使用禁止です。

 

イボコロリのように、今までは顔に使えないイボケア用品が多かったんです。

 

顔の肌は、敏感ですからね。

 

イボを直接取るような成分が入っているものの多くは、顔には使えないものだったんです。

 

しかし、艶つや習慣(つやつや習慣)は顔にも使えます。

 

安心して、顔イボのケアに使うことができますよ。

 

あなたも顔のイボを取りたいと思っているのなら、一度艶つや習慣を試してみてくださいね。

 

 

顔にだって使用可能!!艶つや習慣の公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.aqua-b.jp/