角質ケアの種類!あなたはどの方法を選びますか?

角質は、肌を守ってくれる機能もあります。

 

しかし、溜まりすぎると肌トラブルの元です。

 

歳を取ると、自然に角質は除去されにくくなります。
ですから、定期的に角質ケアを行わないといけません。

 

定期的にケアを行わずにいると、肌に古い角質が溜まっていきます。

 

古い角質が肌にたまると、老人性疣贅(ゆうぜい)のイボになります。
首イボや、顔にある小さいポツポツしたイボは、実は古い角質なんです。

 

 

でも、角質はどうやったら取れるのでしょうか?

 

実は、角質ケアにはいろいろな方法があります。

 

どんな角質ケアが自分にあっているのか?

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

角質ケアの方法は、たくさん!一例を紹介します。

  • 産毛剃り

産毛を剃ることで、角質も一緒に除去します。

 

ケア後は、保湿をしっかりと行うようにしましょう。

 

 

  • ピーリング

ピーリングとは「剥ぎ取る」という意味があります。
角質ケアには、ピッタリの言葉ですよね。

 

ピーリングを行うと、古い角質を取り除き、さらには肌のターンオーバーを正常にしてくれます。

 

ピーリングには、科学的なものと、物理的なものの2種類があります。

 

 

科学的なピーリングとは、石鹸やジェルなどで行います。

 

AHA石鹸は、科学的なピーリングになります。

 

ピーリングの注意点としては、使いすぎはダメということです。

 

使用回数を必ず守ること、肌に刺激を感じたら使用しないこと。

 

正しい使用方法で行ってください。

 

 

  • スクラブ

スクラブとは、擦って磨くという意味です。

 

スクラブ石鹸やクレンジングなどがあります。

 

研磨剤となるものが入っています。
研磨贅で、角質を削り除去します。

 

使われている研磨剤の種類は、数多くあります。

 

例えば、石、砂、粘土、コンニャク、樹脂などなど。

 

毎日使用すると、肌を傷めてしまう恐れがありますので注意してくださいね。

 

 

  • パック

角質ケアができるパックを使います。

 

パックには直接塗るタイプ(クレイタイプ)と剥がすタイプ(マスクタイプ)のものがあります。

 

クレイパックは、肌に塗ったあと洗い流して角質を除去します。

 

マスクタイプのものは、主に鼻パックとして用いられています。
角質が目に見えて除去されているのがわかるので、人気です。

 

しかし、使いすぎると逆に毛穴が開く恐れもあります。
使いすぎには注意してください。

 

 

  • 拭き取りローション

拭き取りローション(化粧水)を使用します。
洗顔後に、コットンに染み込ませた拭き取りローションで拭き取ります。

 

このときに、角質も一緒に除去できます。

 

ピーリングやスクラブとは違い毎日でも使用することができます。

 

使い終わったら、必ず保湿をするようにしましょう。
化粧水ですが、保湿力は弱いです。

 

肌が乾燥すると、肌トラブルの元になります。
しっかりと保湿してケアを終了するようにしてください。

 

 

 

このように、角質ケアをできる方法はいろいろあります。

 

スキンケアで角質ケアできるものもあります。
その際は、ニキビならニキビ、イボならイボ、シミならシミ。

 

というように悩みに特化したスキンケアを選ぶようにしましょう。

 

何を選ぶのかが大事なのではありません。
きちんとした、角質ケアを継続した行うことが大事です。

 

あなたもきちんと角質ケアを行ってくださいね。