顔パックの種類はいろいろ!使い方に注意も必要です。

パックには、保湿・美白・毛穴ケアなど用途によってたくさんの種類があります。

 

保湿や美白のためのパックは、美容成分が含まれています。
美白・シワ・たるみ・アンチエイジングなどの対策に使われています。

 

パックの中にも、コットン・シート・クリーム・洗い流すタイプなどがあります。

 

顔全体に貼るもの・部分的にケアする事ができるものがあります。

 

さまざまなパックの種類がありますから、自分にあったものを選ばなくてはいけません。

 

 

保湿や美白のためのパックをおこなう場合には、クレンジング・洗顔をおこない肌をきれいな状態にしたうえで使っていきましょう。

 

毛穴ケアのパックは、肌の老廃物や角質を取り除いてくれます。

 

肌の老廃物や角質が溜まったままでど、肌トラブルの元になります。

 

ニキビや老人性疣贅(ゆうぜい)など。
肌トラブルを引き起こさないためにも、パックなどで角質ケアを行っていきましょう。

 

 

ふき取りパックなどピーリング効果のあるものや、貼るタイプの物があります。

 

パックは、貼っておく時間や貼るタイミング・使用頻度など、使い方を間違ってしまうと肌に負担がかかることがあります。
ですので、使用の際には、注意が必要になってきます。

 

 

洗い流すタイプの物は、パック前に蒸しタオルを使い毛穴を開いておきます。

 

パックする部分が隠れるくらいの量を伸ばし5〜10分ほどおき、乾いたら洗い流していきます。

 

目元・口元などは避け、ヒリヒリした場合にはすぐに洗い流しましょう。

 

パック後は、ぬるま湯ですすぎ、洗顔料を使った洗顔は行わない方が良いでしょう。

 

シートで、はがし取るタイプの物は、使う前に洗顔で汚れを取り除いてから使うようにしましょう。

 

パックの後に、赤みやかゆみがおこることがあるので、パック直前に運動や入浴はやめておいた方が良いでしょう。

 

肌表面をしっかりぬらし密着させ、シートが完全に乾いたらゆっくりとはがしましょう。

 

一気にはいでしまうと必要な角質まではがし取ってしまうので注意が必要です。

 

パック後は角質が傷ついていたり、潤いが不足していることがあります。

 

きちんと保湿をおこないケアすることが大切になってきます。

 

パックをおこなう回数は、保湿や美白のためのパックは週に1〜2回、毛穴ケアのためのパックは週に1回程度が良いでしょう。

 

パックを長時間おこなえば効果があると思っている人もいます。
ですが、決められた時間を超えてしまうと肌の水分が奪合われることがあるので、使用時間は守って使っていきましょう。