氷マッサージで、肌のターンオーバーを正常に!

 

氷を使って顔をマッサージすることで、肌に良い効果があると言われています。

 

血行促進・むくみ解消・毛穴の引き締め・くすみやたるみの予防・引き締め効果・ニキビやシミの予防・肌の新陳代謝の活性化などがあげられます。

 

肌が氷で冷やされることによって、冷やされた部分を温めようとする働きがあります。

 

それによって毛細血管が広がることで血流が良くなるのです。

 

血流が良くなると、老廃物が排出されむくみやくすみを解消する事ができ、栄養も運ばれやすくなり代謝も活発になってくるのです。

 

代謝があがると、肌のターンオーバーにも良い影響を与えます。
肌のターンオーバーのサイクルが正常になると、さまざまな肌トラブルの予防にもなりますよね。

 

ニキビやしみ、くすみはもちろん、老人性疣贅(ゆうぜい)の予防や改善にもつながります。

 

 

また、冷やすことで毛穴が引き締まり皮脂の分泌も抑える事ができます。

 

肌の引き締めやたるみ予防、ニキビ予防や改善にもつながってくるのです。

 

 

氷マッサージの方法とは?

凍りマッサージのやり方ですが、まずはクレンジングでメイクを落とし必要ならば洗顔も行い、肌を清潔な状態にしておきます。

 

清潔でない肌で、氷マッサージをしてはいけません。

 

少量の氷をタオルなどで包んで、気になる毛穴の部分やたるみの部分に押し当てていきます。

 

氷の代わりに保冷材を使っても良いでしょう。

 

保冷材を使う場合も、直接肌につけるのではなく薄いタオルを巻くなどして使いましょう。

 

1か所5秒くらいで、上に持ち上げるような気持ちでやっていくと良いでしょう。

 

肌が冷たくなったら氷をあてるのをやめて、普段通りのスキンケアを行っていきましょう。

 

1日1回程度を続けていくのがおすすめです。
肌の状態が少しずつ改善されたことが分かってくると思います。

 

凍りマッサージをする場合には注意する点がいくつかあります。

 

肌が汚れていると汚れが詰まってしまうことがあるので、必ず肌をきれいな状態にして行いましょう。

 

氷を直接肌に当てたり、強く擦ってしまうと肌に負担をかけることがあるので注意しましょう。

 

肌荒れやニキビがある部分に直接当てると、氷の刺激を受け悪化する事もあるので、その部分は当てないようにやっていきましょう。

 

氷マッサージはやり方によって肌の状態が良くなることが多いのですが、やり方を間違えると肌に負担がかかり悪化することがあります。

 

氷マッサージのやり方に注意しきれいな肌を手に入れしょう。