どうして角質ケアがポイントになるのか?

 

「角質ケアをしましょう。」
とは、よく聞きますよね。

 

美肌のためには、角質ケアは重要です。

 

角質が溜まると、シミ、シワ、ニキビ、イボなど。
様々な肌トラブルの原因になります。

 

あなたを悩ませている老人性疣贅(ゆうぜい)も、古い角質が固まってできたものです。

 

イボの正体は、古い角質なんですよ。
老人性ゆうぜいを、作らせない、取りたいのなら、角質ケアをしなくてはいけません。

 

 

でも、そもそも角質って何なのか知っていますか?

 

どうして、角質ケアをしなといけないのでしょうか?

 

これを機会に「角質」のことを知って、美肌のために角質ケアを行いましょうね。

 

 

そもそも角質とは??

角質とは、皮膚の表面にあるタンパク質でできたものです。

 

肌の表面でも、一番上の層にあります。

 

角質は「死んだ細胞」です。

 

つまり、もう死滅した細胞が肌の表面にある状態なんです。

 

しかし、死んだ細胞ですが、私たちの肌を守ってくれてもいます。

 

紫外線や、摩擦などの刺激、雑菌の侵入から、肌を守る働きがあります。
さらには、肌の水分を保持もしてくれています。

 

古い角質は、肌のターンオーバーによりどんどん剥がれていきます。
勝手に体外に排出してくれるんですね。

 

でも、年齢を重ねたり、ストレス、生活環境などの理由で、肌のターンオーバーのサイクルは乱れてきます。

 

ターンオーバーが乱れると、角質がどんどん留まってきます。

 

すると、くすみや、シミ、シワ、ニキビ、イボなどの原因となります。

 

角質は、なくなると困るものですが、溜まりすぎてもいけません。

 

自然に肌の角質が剥がれないのですから、こちらから手助けをしなくてはいけません。

 

 

例えば、ピーリングや、ローション、洗顔、パックなど。

 

今では、角質ケアできるスキンケア用品が数多く市販されています。
上手く、取り入れてケアしてみてくださいね。

 

さらには、肌のターンオーバーを正常にしてくれるケアなども取り入れましょう。

 

肌のターンオーバーのサイクルが正常になれば、自然と古い角質が剥がれていってくれます。

 

スキンケアの見直しや、生活環境の見直し、食生活の改善など。

 

 

注意点としては、角質は取りすぎてもダメという点です。

 

先程も言ったように、角質は肌を守ってくれる役割も持っています。

 

特にピーリングで角質ケアをする際は、使いすぎには注意しましょう。

 

使うピーリングの使用頻度を守って、角質ケアを行うようにしましょう。

 

肌に刺激を感じたり、赤みが出た場合は、使用するのを控えてくださいね。
特に敏感肌の人は、使用には注意してください。

 

さらには、自分の症状にあった角質ケアを行うことも重要です。

 

シミにはシミの、くすみにはくすみ、ニキビにはニキビ、イボにはイボ。

 

それぞれに、特化した角質ケアを取り入れるようにしてくださいね。