角質肥厚になると、どんな肌トラブルがおこる??

角質が溜まると、一体どんな肌トラブルが起こるのでしょうか?

 

肌に角質がたまり、厚くなることを「角質肥厚」といいます。

 

「角質肥厚」になることで起こる肌トラブルは結構あります。

 

あなたを悩ませている肌トラブルも、実は角質が原因かもしれません。

 

 

かかと

かかとに角質がたまると、ガサガサになります。
一般的に「角化症」と言われています。

 

外的刺激と乾燥によって、かかとの角質は溜まっていきます。
それにより角化症を引き起こします。

 

かかとの角質を取るケアとして「ベビーフット」が流行していますよね。

 

古くなった角質をつるんとキレイにしてくれますよ。

 

 

魚の目

足の裏に角質が溜まると「魚の目(うおのめ)」になります。

 

魚の目は、固くなった角質を放置することで、さらに固くなります。
肌の表皮まで、芯が固くなります。

 

魚の目ができると痛みを感じるのは、神経まで圧迫しているためです。

 

 

ニキビ

ニキビの原因の一つも角質です。

 

毛穴に角質がたまり毛穴が詰まります。
詰まった毛穴で、アクネ菌が増殖し、ニキビとなります。

 

さらに、角質が詰まったままだとニキビも治りにくくなります。

 

ターンオーバーが乱れていると、ニキビ跡として残りやすくもなります。

 

普段からの角質ケが大事です。

 

 

シミ・くすみ

シミの直接の原因は紫外線などによりメラニンの生成です。

 

紫外線や、刺激から肌を守るためにメラニンを生成します。
役目を終えると、自然と体外に排出されます。

 

しかし、ターンオーバーが乱れているとメラニンは肌に残ったままになります。
この時に角質も一緒に、肌にとどまります。

 

角質が溜まると、肌は厚くなります。
すると、肌は乾燥していきます。

 

肌が乾燥すると、メラニンが排出されずにシミの原因となります。

 

 

老人性疣贅(ゆうぜい)

老人性疣贅(ゆうぜい)、つまり老人性イボの原因も角質です。

 

老人性イボは、スキンタッグやアクロコルドンなどとも言われています。

 

首や顔にあるポツポツイボがそうです。
古い角質がたまり固くなったものがイボの正体です。

 

 

 

「角質肥厚」が原因の肌トラブルはまだまだあります。

 

つまり、角質がたまると、どんな肌トラブルになってもおかしくはありません。

 

逆にいえば、角質ケアをきちんと行っていれば、肌トラブルも防ぐことができます。

 

普段から、角質ケアを行って、肌トラブルを事前に防いでいきましょう。

 

角質ケアは、さまざまな方法があります。

 

ピーリング、スクラブ、拭き取りローションなどのスキンケア。
食生活の見直しや、健康的な生活など。

 

まずは、あなたができる角質ケアから始めてくださいね。