そもそも、顔イボには使用禁止だった!!

イボコロリを顔に使おうと思っているあなた、ちょっと待ってくださいね!

 

あなたの考えているイボコロリは、塗るタイプや絆創膏タイプのイボコロリじゃないですか?

 

 

イボコロリといえば、塗るタイプや絆創膏タイプのイボコロリが有名です。

 

ですが、実はそのイボコロリを顔に使うと、非常に危険なんです。

 

 

ニキビの塗り薬や、肌荒れの軟膏などとは全く意味が違います。

 

ニキビに塗る感覚で、イボコロリを顔に塗ってしまうと大変です。

 

皮膚を白く軟化させて、大変なことになってしまいます。

 

 

肌が溶けてしまう・・・。

 

というイメージを持ってもらうと、分かりやすいかもしれませんね。

 

 

どうしてそんなことになるのか、うっかり塗って危険な目にあう前に、ご説明しておきましょう。

 

 

 

イボコロリを顔似使ってはいけない理由とは?

塗るタイプ・絆創膏タイプのイボコロリの主成分は「サリチル酸」です。

 

 

サリチル酸ってどのような成分かご存知ですか?

 

サリチル酸とは、皮膚の角質を軟化させ溶かす作用がある成分なんです。

 

その作用を利用して、イボ部分を腐食させ、新しい皮膚が再生するのを待つのがイボコロリです。

 

基本的には、足などのかたい皮膚にできるウイルス性のイボ向けの商品です。

 

 

足などにできたウイルス性のイボを取り除くためには、良いかもしれませんね。

 

 

ですが、固いイボを腐食させるほどの強力な濃度の成分です。

 

なので、デリケートな顔の皮膚に塗るのは想像しただけでも非常に危険ですよね。

 

 

間違っても、顔にイボコロリは使わないようにしてくださいね。

 

 

顔にできているイボよりも、イボコロリを使ったことでの痕がよっぽど目立つことになってしまいます・・・。

 

 

メーカーの使用上の注意にも、
『首や顔面や目の周囲や唇、粘膜などのやわらかい部位には使用しないように』
としっかり記載されています。

 

 

そして、使用できないイボの症状として、老人性イボなども記載されています。

 

ですので、顔などにできやすい老人性イボには、そもそも使えないのです。

 

 

万が一使ってしまうと、強い痛みやより酷い痕ができてしまうこともあるようです。

 

イボコロリを顔に使うことは、非常に危険なので止めてくださいね。

 

 

ただし、イボコロリでも内服タイプのイボコロリは、顔や首などのやわらかい部位にできたイボ向けの商品なので、顔への使用が可能です。

 

 

しかし、塗るタイプや絆創膏タイプとは異なり、直接イボに働きかけるものではないので、アプローチの仕方が全く異なります。

 

 

内服タイプはいわゆる漢方薬なので、身体の中の調子を整えて間接的にイボに働きかけるものです。

 

 

根気強く飲み続ける必要があることをちゃんと理解した上で使ってくださいね。