艶つや習慣は妊娠中でも使っても大丈夫?


老人性疣贅(疣贅)による首イボや顔イボのケアができる艶つや習慣(つやつや習慣)

イボコロリとは違い、使う場所を選びません。
全身どこでも使うことができます。

ただし、デリケートゾーンなどの敏感は皮膚に使うときは、パッチテストを行ってから使ってくださいね。

もう一つ気になることがあります。

妊娠中や授乳中に使ってもいいのか。
という点です。

妊娠をきっかけに老人性疣贅(ゆうぜい)に悩む人は多いんです。


「妊娠・出産がきっかけで首イボが増えた。」
という人もいます。

老人性疣贅(ゆうぜい)が、妊娠をきっかけにできるでしょうか?

この辺りの根拠は、ハッキリしていません。

妊娠によるホルモンバランスの変化が関係しているとも考えられています。

しかし、老人性疣贅(ゆうぜい)は「老化」が原因です。
妊娠とは関係なく、ただ妊娠の時期に、たまたまイボができたとも言えます。

老人性ゆうぜいは、良性のイボです。

妊娠時にイボができたからといって、赤ちゃんに影響はありません。
ですので、その点は安心してくださいね。


とはいえ、イボができると気になりますよね。
例え、妊娠中であったとしても・・・。


できれば、妊娠中からイボケアを始めておきたいです。

というのも、老人性ゆうぜいによるイボは加齢に伴って、どんどん数も増えます。

今のうちにケアをしておかないといけません。


艶つや習慣(つやつや習慣)は、妊娠中でも使用できます。

実は私も気になって問い合わせしたんです。

そのときに、妊娠中でも使ってもOKとの返事をいただきました。

私が、わざわざ問い合わせたのには理由があります。

本当に妊娠中に使ってもいいの?


私が、わざわざ問い合わせたのには、気になることがあったからです。
それは「成分」です。

艶つや習慣には、「ハトムギエキス」が使用されています。

ハトムギは、昔から漢方でイボケアに使われてきました。

漢方の世界では「ヨクイニン」と呼ばれています。

ハトムギの効果で、イボケアするのが艶つや習慣です。

昔から知られているハトムギがあるから、イボへの効果も高いのでしょうね。


でも、この「ハトムギ」ですが、妊婦には使用禁止ともされているんです。

ハトムギには、子宮を収縮させるともいわれています。
さらに、抗腫瘍作用かあるとされています。

この点から、ハトムギは妊婦には処方しないようにされていました。

しかし、必ず影響があるわけではありません。

妊娠中にハトムギを摂取しても「平気だった!」という人もいます。

事実、妊娠中の栄養補給に、はと麦茶を進める医師もいます。


ですが、ハトムギの経口摂取は控えた方がいいでしょう。

影響があるかの根拠はハッキリしていないとはいえ、避けた方がいいものをわざわざ摂取する必要もありませんよね。


「じゃあ、艶つや習慣もダメなんじゃないの?」
と心配になりますよね。


問い合わせのときに言われたのは、

 

艶つや習慣は皮膚に塗るものですから、影響ないと考えています。
ご心配なら、医師に相談の上、ご使用ください。


さらに

 

スタッフも妊娠前、妊娠中、出産後と、何も変わらず使用していますよ。


とのことでした。

直接、口から摂取するものではなく、皮膚に塗るものです。
ハトムギエキスだけが使用されているわけでもありません。

この点から考えても、艶つや習慣は妊婦さんにも使用可能であると言えます。

それに、スタッフの人が妊娠中にも使っても平気だったみたいですね。
実際に、使用したことがある妊婦さんがいるのなら安心できます。

それでも、心配な人は産婦人科の先生に一度確認してみてください。

「ハトムギエキスが使われている化粧品を使ってもいいですか?」と。

妊娠中はデリケートですから、安心してから使うのが一番です。
安心してから、イボケアを始めてくださいね。

>>妊娠中でも使用可能!艶つや習慣の詳細はこちら