肌のターンオーバーが首のイボの原因に

年を重ねていくと、肌のターンオーバーが弱まってくることがあります。

 

肌のターンオーバーのことを知っていますか?

 

皮膚は4層から作られています。
形を整えながら上に押し上げられていきます。
古くなった皮膚は、はがれ落ちていき、肌が新しくなります。

 

このサイクルのことをターンオーバーと言います。

 

ターンオーバーのサイクルは部位によってさまざまです。

 

血行や新陳代謝・年齢によっても多少違いはあります。

 

正常なサイクルで228日とされています。

 

これが、40代だと50日まで伸び、60代だと100日にもなります。

 

しかし、このターンオーバーのサイクルが正常に行われなくなってしまっていますね。

 

長くなると、肌の生まれ変わりの遅くない、古くなった角質が肌に蓄積されていきます。

 

古い角質が固まり出来るのものが、首やデコルテのイボの正体です。

 

さらに、紫外線を浴びることで肌にダメージを受け、ターンオーバーの悪循環を招くことになります。

 

このようなことがおこると首元や胸元にポツポツとしてイボのようなものができることがあります。

 

 

こうしてできるイボは、角質粒・スキンダッグ・アクロコルドン・老人性イボと呼ばれています。

 

老人性イボは、角質と脂肪が混ざってできたものだと言われています。
しかし、なぜできるのかはっきりした原因は分かっていないようです。

 

老化・紫外線・アクセサリーなどの摩擦などの肌のストレス。
さらには、皮膚の柔らかさ・肥満などが原因と推測されています。

 

老人性イボという名前ですが、30代くらいになると発症することが多くなります。
60代になると体のどこかしらにあると言った状態になります。

 

40,50代の多くの女性が、ポツポツイボで悩んでいます。

 

60代くらいになると更年期や肥満といった体調の変化がおこる事が多いですよね。
衣類やアクセサリーによる摩擦も増えてくるためと考えれらます。

 

胸元のあいた洋服を着る場合には、首元や胸元のポツポツしたイボは目に付いたり目立ってしまうことがあります。

 

イボが気になって、オシャレができないという悩みも出てきますよね。

 

老人性イボができないようにするためには、ターンオーバーを正常に保っておく必要があります。

 

また、角質ケアをすることで改善されることがあります。

 

 

首や胸元にできたイボには、ハトムギやアンズエキスが良いと言われています。

 

「はと麦茶がイボにいい。」
ということは、昔から言われていることですよね。

 

年齢とともにの気になってくるポツポツしてイボを、ハトムギエキスやアンズエキスが含まれているものでケアシていきましょう。

 

自分の肌に合ったスキンケアを使い、きれいな肌を作り保っていくことが大切になっていきます。

 

ケアをしないと、どんどん増える傾向にありますから、気づいた時にケアを始めてくださいね。